Zeppダイバーシティ東京にいこう!~キャパ・座席・見え方・アクセス・ロッカー~

ライブハウス
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

かなでです。

Zepp DiverCity(Tokyo)でのライブに参戦が決まった方!
初めて行ってみようかな?と検討中の方!
こちらの記事が参考になれば幸いです。

※東京にはダイバーシティ(お台場)・羽田・新宿、3つのZeppがあります
お間違いのないよう、ご自身の行かれる会場ををご確認くださいね。

キャパや座席、見え方、段差の有無、ドリンク代にロッカー、待機場所、周辺飲食店やホテル、アクセス方法など、実体験をもとに紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

キャパ(収容人数)や座席表は? @Zeppダイバーシティ

会場の使われ方として、スタンディング時と椅子使用時で約2倍以上も、収容人数に差が出てきます。
下記、Zepp公式のキャパや座席表です。
各アーティストや公演ごとに使用方法の違いはあると思いますが、ご参考程度に!

キャパ(収容人数)

【スタンディング時】計:2,473人
1階 2,107人 (スタンディング)
2階 214人 (座席)、2階 152人 (後方スタンディング)

【椅子使用時】計:1,102人
1階 888人
2階 214人(座席)
※その他、座席とフロアーの組み合わせにより変動。

座席表

Zepp DiverCity公式HPより引用

Zepp公式の座席表です。
指定席(座席あり)の公演の場合は、上記の座席表を参考にしてみてくださいね。
収容人数が多い分、縦長の会場になっています。

スポンサーリンク

2階席からの見え方はどう? @Zeppダイバーシティ

こちら2階からの見え方です。
2階席は6列しかなく、傾斜もあるため、どの席からでも比較的見やすいかと思います。

もちろん1階前方よりは距離を感じやすいですが、収容人数が多く、縦長の会場のため、見やすさ重視の方には2階席もおすすめです。
(アーティストによっては、2階席の倍率が実は高かったりもします。)

2階席からだと、テージ全体を見渡すことができ、演出を楽しんだり、出演者全員を視界を遮られずに観ることができるので、個人的には好きです。

ただ、2階立ち見で入ったこともありますが、ステージから一番遠い場所になりますので、やはり演者の表情まで見ることは難しく、距離を感じてしまうこともあるかもしれません。

個人の感想にはなりますが、ライブなどの音楽メインの演目では、2階立ち見でも十分楽しむことができると思います。
しかし、ファンミーティングのようなトーク中心の演目では、やはり演者さんの表情が見えた方がより楽しめるかもしれませんね。

そんなちょっと遠い席が当たってしまった。。時に役立つアイテムを次の項目でご紹介しますね!

推しの表情をしっかり観たいときに役立つアイテム @ファンミにおすすめ

ステージが少し遠くても、演者さんの表情までしっかり楽しみたい方にピッタリなアイテムがあります!

ドームやアリーナなど大きな会場でのコンサート、舞台観劇などをされたことがある方の中には、「双眼鏡」や「防振双眼鏡」を検討されたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
(実際にジャ○ヲタの友人は必須アイテムなんだよ~と力説していました!笑)

でも実は、防振双眼鏡って安くても5万円以上もする高級品だったりするんですよね。
金額的にちょっと手が出ないという方も、高額なお買い物になるから実際に購入する前に試してみたいという方も!

↓こちらのサイトはいかがでしょうか!↓

カメラのレンタルをメインでされているサイトですが、「防振双眼鏡」もレンタルできのです!

もちろん、1泊2日~のレンタルでイベントのある1・2日だけの利用もできますし、ツアー期間に返却の手間を考えなくてもいい、がっつりレンタルできる月額プランもあります

月額プランは、期間中に何度でも商品交換ができるので、「もう少し倍率の高いものがいいな」「もう少しコンパクトなものがいいな」など、使ってみたあとも別の商品に交換&アップデートの上、次回のコンサートに臨むことができます。

ライブやコンサートで表情までしっかり見えた方がいいかどうかは、正直個人の好みがあると思います。
しかし、ファンミなどでは、やはり表情までしっかり見えるかどうかで楽しめる度合いが全然違ってくると思います
(経験談です!笑)

推しが楽しそうに笑っている表情、しっかり拝んでしっかり堪能しましょう!

↓無料会員特典もあるようですので、とりあえず登録して自分に合う双眼鏡を探してみるのもありだと思います。

スポンサーリンク

1階段差の有無は?後ろの方でも見える? @Zeppダイバーシティ

他のZeppやライブハウスに行かれたことがある方、段差の有無も気になりますよね?

1階フロア中央あたりと後方にそれぞれ1か所ずつ、計2か所の段差があります。
(先に掲載した座席表の横線が入っているあたり(N列前、W列前)になると思います。)

あまり早くない整理番号の方、身長があまり高くない方は、段差上がおすすめです。

また、やはり前方は人が集まりやすく、アーティストによっては苦しいと感じるほど密集しがちです。

東京公演は集客が比較的しやすく、どの場所で見ても完全に人と距離をとることは難しいかもしれませんが、暴れるのが得意じゃない方や、人と距離感を持って見たい方にも、段上は見やすいかもしれません。

↓こちらは会場真ん中あたりからの見え方になると思います。
少し距離はありますが、段差があるため視界も開けて、ステージ全体を見渡すにはいい距離感だと思います。

↓こちらは後方からの見え方です。

縦長の会場ですので、近さ重視の方は、やはり少し距離を感じてしまう位置だと思います。
ただ段差上を取れれば、身長が高くない方は前方で埋もれてしまうよりも、十分楽しめる距離ではないでしょうか?

出入口はどこ?待機列・整列の仕方は? @Zeppダイバーシティ

Zepp DiverCityが入っている商業施設・ダイバーシティ東京プラザの2階「Zeppゲート」という出入り口の外に物販列・入場待機列が作られます。

ダイバーシティ東京プラザHPより引用

整理番号ごとで一応待機エリアが分けられています。
入場まで外での待機になりますので、雨の日・真夏の炎天下など、気候・気温に注意が必要です。

開場時間になると、スタッフの方が整理番号順に呼び出しをしてくれますので、列の前の方に進み、自分の番号がきたらチケットを見せて入場という形です。
整列順の入場ではなく、番号ごとの呼び出しがあるので、各自声を掛け合って整列をする手間がなくありがたいです。

建物内に入ると、そのまま整理番号順に階段を下り(待機場所のZeppゲートは建物の中では一応2階になります。)、1階Zepp入り口前でチケットの確認、ドリンク代支払いという流れになります。

物販も同じ流れで1階のZepp入り口前での販売になります。
(階段に並ぶことになります。)

↓1階入り口前の物販時撮影

ドリンク代はいくら?PayPayは使える? @Zeppダイバーシティ

チケット代とは別に、入場時にドリンク代600円が必要です。

ドリンク代の支払いに使えるのは、下記通り、現金交通系電子マネー(キャッシュレス決済)です。

PayPayは使用できません。

◆交通系電子マネー
 Suica、PASMO、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん、Kitaca、toica、manaca
◆現金

ソフトドリンクはペットボトル。
お水はいろはす500ml。

終演後にドリンクを引き換えたところ、お水が品切れのことがありましたので注意です。

コインロッカーはどこにある? @Zeppダイバーシティ

コインロッカーは、会場内外に全部で1,191個
会場入口外に813個、会場入場後に378個あるようです。

Zepp DiverCity公式HPより引用

入場前に使用できるロッカーは、階段を下りて行った1階入場口の背面にあります。
(先ほどの物販の背面ですね。)

↓この壁の右隣にある階段を下るとZepp DiverCityの入り口、ロッカーがあります。
この壁の左側がZeppゲートという建物の出入口になり、ここを出たところに整列待機列が伸びていきます。

物販中も解放されていることが多いと思いますので、物販購入後、そのまま荷物を預けるのもよさそうです。

スタンディング公演の場合、入場前ロッカーは開場前の使用も可能なことが多いですが、上記記載の通り、開放されていないこともありますので、注意が必要です。
場所の確認になれば幸いです。

Zepp DiverCityへの行き方は?

最寄駅は
東京臨海新交通臨海線 (ゆりかもめ)「台場駅」より徒歩5分
東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩3分

どちらの駅も利用しましたが、個人的には台場駅からの方が分かりやすいように感じました。
Zepp DiverCityがダイバーシティ東京プラザの中の台場駅側にあるため、建物内を歩かずとも直結の印象です。

駅を出たあとの行きやすさというよりは、ご自身の利用しやすい駅や電車の時間に合わせて選ばれたほうがよさそうですね。

会場周辺にホテルや飲食店はある? @Zeppダイバーシティ

Zepp DiverCityは、「ダイバーシティ東京プラザ」という大きな商業施設の中に入っています。

複数の飲食店はもちろん、アパレルのお店もたくさん入っていますので、公演前後の時間を過ごすのに困ることはなさそうです。
マツモトキヨシダイソーも入っていますので、急に必要になって困った!というものも気軽に調達できそうです。

また、会場周辺、お台場周辺のホテルもいくつかご紹介しますね!

現在全国的にホテルの価格が高騰しています。
お早目の予約でホテル代がかなりお得になることも多いので、ぜひ検討してみてくださいね。

最近東京のホテルがどこもお高めではありますが、日程によっては十分泊まれそうな価格帯かと思います。(筆者検索時点)
もしくは、翌日の予定に合わせた場所でホテルを取ったり、新橋駅あたりでホテルを探してみるのも便利かもしれません

↓よろしければ、こちらも参考にしてみてくださいね。

Zeppでのライブが初めての方に

Zeppでのライブ(ライブハウス)初体験の方に向けて、記事を書いてみました。
↓よろしければ、こちらもご覧になってみてくださいね。

以上、いかがでしたか?
Zepp DiverCityに行かれる際の参考になれば幸いです。
夜のお台場、好きです^^

おわり。

タイトルとURLをコピーしました